MENU

女子用のリアップであるリジェンヌはインパクトあるのか?

 

やたらとTVCMだったり雜誌PRだったりで見かけるリアップ。育毛剤としては、何より効果のあるもののひとつではないでしょうか。そういう育毛剤の筆頭のリアップの女子用のものがリアップリジェンヌです。こういう育毛剤が他の育毛剤と何が違うかと言うと、第1チック医薬品であるという要素です。

 

その他の多くの育毛剤は医薬部外品物に分類されます。医薬品ではないということですね。そのため、通販などで手軽に購入することができるのです。一方、第1チック医薬品に分類されるリアップリジェンヌは、ミノキシジルなどが配合された医薬品です。

 

そのため、購入するにあたっては、薬剤師から需要上の注目、効果、用途、反作用などの概要を受けることが義務付けられています。つまり、リアップとその他の育毛剤の違いは、医薬品であるかそうでないかの格差ということになります。

 

医薬品のほうが効くのか?反作用はないのか?

 

第1チック医薬品と医薬部外品では、とにかく医薬品である第1チック医薬品のほうが効果があるように思えます。実際、ミノキシジルなどの発毛が確認されている根底が含まれるために、女子の薄毛・脱毛に効果があるのは実態のところです。

 

多くの医薬部外品物の育毛剤が普通由来の育毛根底に頼っている要素と比較するとその効果がスゴイものがあります。医薬品なので、それらと比較すると、短期的な作用を期待することができます。すぐにでも脱毛・薄毛をなんとかしたいという時折うまい一品となるでしょう。

 

しかし、その良い効果の裏には、反作用の懸念が隠されています。スカルプのかゆみ、ふけ、頭痛、目まい、動悸、右腕のむくみ、ウエイトの伸展などさまざまな反作用がリアップにはあります。もちろん、これらがどの程度反作用として発症するかは、個人によってものすごく異なりますが、そういうリスクがあるという点は、忘れずに頭に入れておくべきことだと思います。

 

リアップリジェンヌで反作用を見聞された皆さんの評判

 

20代女子

 

医薬品というため使い始めましたが、使用してから明らかに脱毛の高が増えたように感じました。あわてて、需要を中止した位置その脱毛はとまったのですが、これから怖くて継続的に使うことは出来ないと思います。医薬品だから我々には外敵が強すぎたのでしょうか。再び刺激の少ない、医薬部外品物の女子視点育毛剤を試してみようと思います。

 

30代女子

 

女子皮膚外来で処方されて使い始めました。ただ会話に聞いていたデフォルトプラグイン抜毛がひどく困難意識をしました。ようやくやる気で半年使い続けてきたのですが、何の効果もありません。却って、抜毛がきびしくなったように感じています。とうに何かと面倒臭いので、使い続けることはないと思います。